2016年9月30日金曜日

2016年9月28日水曜日

no title


手首のスナップを使うと同時にいかにフィンガーコントロールでその衝撃を和らげるかが大事。
それによってシンバルの音から痛い成分が無くなる。
何年やっても今更気付く事が多い。

ソロライブは夏には再開する予定でしたがもう少し延期になりそうです。
が、ソロワークもバンドも今後はがっつりやっていきますのでライブの際は是非遊びに来てください!!



2016年9月26日月曜日

LIVE〜LIVE



一昨日は能登半島@輪島市文化会館

全シンバルの高さが揃って段々上がってきたんだけど、その分角度を手前につけているので、刻んだ時やクラッシュした時のダイナミクスの幅が広がった。

昔のジャズの巨匠達のシンバルセッティングは本当理にかなっている。




ライブの戻り日に観に行ってきました。
国立劇場50周年記念「日本の太鼓」

初めて林英哲さんを観たのも「日本の太鼓」だったと思う。
あの時はジャンベフォラのママディケイタと英哲さんがセッションするという、異種格闘技戦だったが、それはそれは凄まじいステージだった。
それまでの自分はアフリカや黒人のリズムへの憧れが強く、リズムコンプレックスがあったが、それを完全に払拭してくれるものが英哲さんの和太鼓にはあった。
それがきっかけで日本の太鼓やリズムに興味を持つようになったし、日本人にしか出せないグルーヴを追求したいと思うようになった。

今回の公演はどれも素晴らしく、気仙町けんか七夕太鼓には物凄い気迫を感じたし、沖縄エイサーでは自分が最も大事にしている「言葉と動き」の大事さを再認識する事ができた。
英哲さんが風雲の会と共に演奏した「七星」のパフォーマンスは圧巻だった。

日本の太鼓には一番ロック魂を感じるし、欧米にはない精神性がある。
気合いというか潔さよさというか。
これからも日本の太鼓文化を追い続けてドラミングに活かしていきたい。

2016年9月22日木曜日

no title


最近は月トータル100km走ってますが、走れば走るほどフルマラソン選手の桁違いなスピードと持久力に驚かされる。

ようやく楽な呼吸法がわかってきた。



2016年9月16日金曜日

RH


バンド(バンド名未だ決まらず)リハ。




その前に地元黒崎の味ラーメン唐そば。

最後の晩餐はやっぱりこれだな。





LIVE


一昨日は久しぶりの熊谷絵梨(Pf.)さんとのデュオ@新宿ジャズバー翔湖でした。

フリーに思うままに叩くのは好きだし、阿吽の呼吸でバシッとくると本当気持ちいい。

ジャズシンバル探しは永遠に続きそう。





2016年9月14日水曜日

no title


シンプルな3点セットをいかに効率的かつ綺麗にセッティングできるかに命をかけております。




※こちらのドラムセットはスタジオの物です。



2016年9月11日日曜日